「国連小農宣言・家族農業の10年」連絡会が院内集会を開催、政府関係者と対話

March 3, 2019

2月18日参議院議員会館で「国連小農宣言・家族農業の10年」連絡会の主催のもと、院内集会が開催されました。

 

国連で2018年12月に「小農と農村で働く人々の権利に関する国連宣言」が採択され、今年から「家族農業の10年」がはじまることを受け、小規模農家を取り巻く環境、課題を提起し、政策に反映させていくために、農家や市民、研究者らが約100人集まり、政府関係者と話し合いました。

 

農民や農民団体からの提起と取り組みの紹介として、岡崎衆史氏(農民運動全国連合会)、萬田正治氏(小農学会共同代表、鹿児島大学名誉教授)、松平尚也氏(耕し歌ふぁーむ、/京都大学大学院)、SFFNJの斎藤博嗣(じねん道、小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン呼びかけ人)が登壇し、政府関係者とディスカッションをしました。

 

意見交換会では、農水省が「日本の農業は家族農業に支えられている。農業者の権利を守ることは重要だ」との認識も示されました。

 

当日、ご出席頂いたSFFNJの賛同者の皆さま、ありがとうございました。

 

※詳細は、2月19日付の日本農業新聞『「小農」もっと重視を 市民ら集い政府に訴え』に掲載されています。

 

▼動画

第一部

https://www.youtube.com/watch?v=VY4blQLe-pA&feature=youtu.be

第二部

https://www.youtube.com/watch?v=0Ye_CdaJqyU&feature=youtu.be

 

▼国連小農宣言・家族農業10年連絡会

http://unpesantsrights.blog.fc2.com/

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Small and Family Farming Network Japan