2019年3月開催 第6回家族農業国際カンファレンスの詳細(WRFニュースレター2018年10月11日配信抄訳)

October 15, 2018

 

2019年3月25~30日にスペインのバスク地方(デリオ市・ビルバオ市)で第6回家族農業国際カンファレンス「家族農業の生活を改善するための10年」が開催されることが決まりました。

 

これは、その数週間後にローマで行われる家族農業の10年のスタートの前のプレ・イベントです。バスクとローマのイベントは、家族農業の10年のアジェンダを強固で多様なステークホルダーが参加するものとするための取り組みです。

 

バスクには、各国政府、家族農業組織、国際機関(FAO、IFAD)、各国の家族農業全国会議、農村開発組織、NGO、協同組合、研究機関等が5大陸から集結し、以下をテーマに議論します。

 

1.家族農業の10年の行動計画について議論し、国、地域、世界レベルの公式アジェンダの確立に寄与する

2.公式アジェンダの実施に向けて、新たな主体の参画、新たなパートナーシップ、政策対話を促す

3.SDGs実現の鍵として家族農業の10年を位置づけ、人類のために家族農業が重要性であるとの認識を促す

4.家族農業のための公共政策の確立と実施を促す

5.政策対話のためのメカニズムとプラットフォーム、特に家族農業全国会議を強化する

6.知識、情報、経験の交流を通じて、家族農業組織を強化する

 

参加申し込みはこちら

 

※本記事は、「家族農業の10年」に関する啓発活動を行う国際NGO世界農村フォーラム(World Rural Forum: WRF)から配信されたニュースレターの抄訳です。

翻訳:小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)

 

関連記事:VI GLOBAL CONFERENCE, A DECADE FOR FAMILY FARMING

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Small and Family Farming Network Japan