農村の若者のための政策を(WRFニュースレター2018年6月13日配信抄訳)

June 16, 2018

家族農業の10年設置のために組織された世界協議会(the IYFF+10 World Coordination Committee:WCC)(世界各地の農民組織等で構成、事務局はWRF)は、『若者と家族農業』と題する報告書を発表しました(2018年5月31日)。

 

5大陸の30か国、125名に対して調査を実施し、農村の若者に関する14の具体的な提言を行いました。

 

1.経済的状況の改善する

2.家族農業関係の組織、研修、政策アドボカシーにおける若者の参加を促進する

3.家族農業におけるジェンダーの平等を促進する

4.公共政策において若手農業者(男女双方)を優先する

5.若者向けの融資を促す

6.土地への権利とアクセスを保障する

7.農場の世代継承プランをよりフレキシブルなものとする

8.協同組合等を通じて、社会経済としての提携や協力を促進する

9.農村における質の高い教育へのアクセスを促進する

10.農村における技術・普及サービスを改善する

11.レジリエンス(回復力)の確立と気候変動への対応の戦略を立てる際に、家族農業における若者の役割を強化する

12.農村地域における生活条件を改善する

13.家族農業の社会的認知を促進する

14.より持続可能な農業の実践を強化する

 

世界全体で農家の高齢化が進んでいることから、若者が農業・農村にとどまれるような政策と教育が必要不可欠になっています。

 

※本記事は、「家族農業の10年」に関する啓発活動を行う国際NGO世界農村フォーラム(World Rural Forum: WRF)から配信されたニュースレターの抄訳です。

翻訳:小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)

 

関連記事:NEW STUDY CONFIRMS THE NEED TO BETTER PRIORITIZE RURAL YOUTH IN POLITICAL AGENDAS

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Small and Family Farming Network Japan