参加型研究の重要性(WRFニュースレター2018年4月12日配信抄訳)

April 18, 2018

 2018年4月10日、世界各地域の家族農業組織(アフリカのPROPAC、アメリカのCOPROFAM、アジアのAFAとPIFON)とセネガルのCNCRは、参加型農業研究について議論しました。家族農業組織は、参加型研究が家族農業自身のニーズにもとづいて行われることの重要性を強調しました。研究機関と家族農業組織による協働は、現在の農業研究のガバナンス・モデルを変え、農業研究と農業のイノベーションのオルタナティブなシステムを構築することに貢献します。生産力主義(Productivist)は、社会的・環境的側面をほとんど評価していません。家族農業の改善のために、研究の焦点と予算を向け、意思決定方法と研究政策を再検討するべきです。参加型研究は、家族農業の10年の3つの重要分野のうちの一つであり、農業研究を家族農業の発展にフォーカスするようにするための手段です。

 

※本記事は、「家族農業の10年」に関する啓発活動を行う国際NGO世界農村フォーラム(World Rural Forum: WRF)から配信されたニュースレターの抄訳です。翻訳:小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)。

 

関連記事:FAMILY FARMING ORGANISATIONS HIGHLIGHT THE NEED FOR PARTICIPATORY AGRICULTURAL RESEARCH CARRIED OUT FOR AND WITH FAMILY FARMERS

http://www.ruralforum.org/en/news/2018/04/family-farming-organisations-highlight-the-need-for-participatory-agricultural-research-carried-out-for-and-with-family-farmers

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Small and Family Farming Network Japan