5か国で新たに家族農業全国会議誕生へ(WRFニュースレター2018年3月26日配信抄訳)

April 2, 2018

 現在、世界37か国で家族農業全国会議(National Committee of Family Farming: NCFF)が各国の政策アドボカシーのために積極的に活動しています。2017年には、新たにフィジー、マケドニア、チャドでNCFFが誕生し、日本とカメルーンでも政策対話のプラットフォーム設立に向けた動きがあります。NFCCは新たな政策を策定することだけでなく、その後のモニタリング機能も担っています。家族農業の10年設置に向けたキャンペーンにおいて、NFCCは各国政府が国連総会でこの設置を指示するように促すなど、積極的な役割を果たしました。さらに家族農業の10年における行動計画策定においても、重要な貢献をしています。

 

※本記事は、「家族農業の10年」に関する啓発活動を行う国際NGO世界農村フォーラム(World Rural Forum: WRF)から配信されたニュースレターの抄訳です。翻訳:小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)。

 

関連記事:5 NEW NATIONAL COMMITTEES OF FAMILY FARMING CREATED OR IN THE PROCESS OF DEVELOPMENT IN 2017

http://www.ruralforum.org/en/news/2018/03/5-new-national-committees-of-family-farming-created-or-in-the-process-of-development-in-2017

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Small and Family Farming Network Japan