【イベント案内】3/11農のあり方を考える~世界の潮流「小規模・家族農業」と日本~

February 10, 2018

NPO法人日本有機農業研究会、NPO法人農都会議が共催するシンポジウム「農のあり方を考える~世界の潮流「小規模・家族農業」と日本~」に、小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)呼びかけ人代表の関根佳恵が講演します。ぜひご来場ください!

------   
現在、世界の食料の8割が小規模・家族農業によって生産されていますが、急速な市場のグローバル化の進展で、小規模・家族農業は危機的状況に置かれています。 


しかし、小規模・家族農業が、持続可能な農業の実現には、実は最も効率的だという評価がなされるようになり、国連食糧農業機関(FAO)は、「家族農業以外に持続可能な食料生産のパラダイムに近い存在はない」との認識の下、家族農業を中心とした計画の実行に取り組んでいます。 


2017年12月には、国連総会で「家族農業の10年 2019-2028」が採択されました。その日本でのサポーター組織「小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン」(SFFNJ)を立ち上げた、愛知学院大学 経済学部准教授 関根 佳恵 氏にご講演いただきます。 

 

●日時 2018年3月11日(日) 14:00~16:00 (13:30開場)
●会場 國學院大學渋谷キャンパス2号館 2102教室
●定員 80名(申し込み先着順)
●参加費 1,000円 (学生 半額)
●主催 NPO法人日本有機農業研究会、NPO法人農都会議
●協力 渋谷・環境と文化の会、食と農と健康、富士山クラブ、桜山きづきの森、インキュベーションサーカス、日本豊受自然農 ほかを予定

詳細はこちら→ http://kokucheese.com/event/index/507268/

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Small and Family Farming Network Japan